シュワシュワっと泡が、手作り酵素の発酵シーン

発酵を安定するためには、 ミネラル・サンゴパウダー等を使いますが、 加熱処理が加えていないため、 酵母は常温では活発に動いているシーンをお見せしたいと思いました。 (今回は糖度の高い、秋冬の手作り酵素でお見せしました。)

 

普段は、特にこんなに泡が出てくるわけではないのですが、、

みなさんの手作り酵素では、泡がブクブクと立たなくても発酵はしっかり行われていますので、ご安心ください。

 

 市販酵素と大きく違う点の一つはココですね。

 

この後、 発酵を安定化して行きます。 ゆっくりと発酵が徐々にされていくわけですね。 活性化した酵母は 私たちの体の活動温度とピッタリとマッチします。

 

 ちなみに、春夏の野草酵素は、 このような劇的な発酵泡は立ちません。 (野草自体にフルーツのように糖分がないためです。)

 

 ●酵素は常温で活きています。

  (45度以上、 はたは、冷凍保管は避けましょう!)